2009年06月20日

振り漢字

ふり漢字が學者過て讀づらし。其例は熱中ばとしてみがいれば、心算るとしてつもるなどなり。是は總ふり假名の事なれば、眞名假名とも讀つゞけらるゝやうにありたし、

鴎外全集24 p31 雲中語
明治29年
posted by 岡島昭浩 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121893925
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。