2005年04月01日

きょうさい【恐妻】

三田村鳶魚「春日局の焼餅競争」(『公方様の話』大正十三年九月 雄山閣所収)
庶子であるにもせよ、正之は秀忠の末男でありますのに、御台所を憚って全く秘密にされ、その生前には父子の対面すらなかったのですから、二代将軍も随分な恐妻家であります。その少し後にも、お静の外には寵女がないことになっている。何故そうなっているかといえば、秀忠の恐妻のためなので、実は御台所江子の嫉妬の凄まじさを立証して居ります。
河出文庫『鳶魚江戸ばなし3女の世の中』でみつけたのですが、中央公論社の全集第1巻でも同じでした。

【参考】
この「恐妻」という新らしい言葉は昭和十三年の春ごろ、徳川夢声が映画俳優の藤原釜足と逢ったとき、その当時は各種の共済組合が設立されていたのを、もじって「どうです、ひとつ吾々のあいだで、恐妻組合てなものをつくろうではないですか」と駄洒落を飛ばしたのがはじまりだといわれている。
(日置昌一『ものしり事典 言語篇』(昭和27 河出書房。年号注とルビを略す。原文は旧字新かな。)

榊原昭二『昭和語』では、大宅壮一の造語としている。

見坊豪紀『ことばのくずかご』では、「むかし厭妻、今恐妻」の題で、明治の「厭妻」をあげる。
posted by 岡島昭浩 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(1) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2728712
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[古本めぐり]目録で購入
Excerpt: 現世さんから小川菊松『商戦三十年史』((誠文堂新光社の歴史))を購入し、そのついでに「サンパン」第三期11号も購入した。その中の、矢部登「結城信一の一つの青春」を見ると、「井上宗雄」という名前が見えて..
Weblog: くうざん本を見る
Tracked: 2005-11-04 02:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。