2005年04月15日

けんおう【県央】

http://www.nikkoku.net/tomonokai/toukou_card.html?snum=906

紀田順一郎『図書館活用百科』新潮社 1981年
p245

少し高度な問題は都心や県央の大図書館を利用するという二段構えの作戦をとるとよい。

「都心」と対で使われているので、県庁所在地――県都、というのとは意味が違いそうです。小島敦夫「八木節の粋」(文春文庫『チェロと旅 90年版べスト・エッセイ集』)にも3例ほど見えます。



ちくま文庫版では、「都心や県央の」が、「都心や県立の」となっている。




posted by 岡島昭浩 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2972216
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。