2005年04月21日

かんじぶんか【漢字文化】

高橋俊乗『日本教育文化史』(1933)(講談社学術文庫p51)
これを見るといかに漢字文化の修得が困難であったか、従って自覚的・組織的教育の進歩・普及がいかに漸進的であったか想像以上のものがあるのである。


【漢字文化圏】
posted by 岡島昭浩 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(3) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

げんごぶんか【言語文化】
Excerpt: 上田敏「細心精緻の学風」『帝国文学』二巻八号 1896今日文学研究の法未だ邦人の間に明ならず、哲理を交へ、実感を挿む等の如きものあるは、近世文献学の研究法別に存するを辨ぜざるに座し、言語文化の緻密なる..
Weblog: 日本語の用例あつめ
Tracked: 2005-04-21 22:47

もじぶんか【文字文化】
Excerpt: 『文字文化展覧会』 カナモジカイ・国語協会 1935.11.1 後藤朝太郎『文字講話』(1943.1.18 黄河書院)「軍事に関する文字文化」「法律に関する文字文化」 漢字文化
Weblog: 日本語の用例あつめ
Tracked: 2005-04-21 23:13

かつじぶんか【活字文化】
Excerpt: 花田清輝「小説平家物語」わたしは、日本の活字文化の開拓者の伝記に熱心する、かれの同類である三人のプロレタリア・インテリゲントたちのなりぶり構わぬすがたに心をうたれた。 花田清輝「革命芸術と伝統」にも..
Weblog: 日本語の用例あつめ
Tracked: 2005-04-21 23:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。