2005年05月19日

あいけんか【愛犬家】

公民読本第一編『家庭と犯罪』福岡刑務所長 江藤惣六述
大道学館出版部 大正15.2.10発行
p18
胎中影響の身体方面の効果については、西洋では八釜しく論ぜられたテレゴニー、即ち先天遺伝説の根拠となって居る事実と同じものであります。テレゴニーの事実は馬牛犬猫豚等に沢山な実例があり、愛犬家《あいけんか》は深く之を信じ、交尾期には余程警戒を厳重にするささう(ママ)であります。


http://www.nikkoku.net/tomonokai/toukou_card.html?snum=20797
http://www.nikkoku.net/tomonokai/toukou_card.html?snum=7321
http://www.nikkoku.net/tomonokai/toukou_card.html?snum=288
posted by 岡島昭浩 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3755327
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。