2005年06月05日

くちをにごす【口を濁す】

有吉佐和子「紀ノ川」(1959)第一部、
訊いた相手は瞬間迂潤な口をきいたかと後悔して、
「いやあ、なんでて、別嬪さんが嫁にきたさかいいうただけよし」
と口を濁した。


新潮文庫の百冊では、
山本周五郎『さぶ』(1963)十五の二の、
弁解するように云うだけで、どこへどんな仕事をしにゆくのかは、口をにごして語らなかったが、

の他、沢木耕太郎『一瞬の夏』に三例ほど。

新潮文庫の絶版百冊では、
福永武彦『死の島』(1971)の、
会ってどのような話が交されたのか、Kは口を濁していた。

円地文子『食卓のない家』(1979年?)「秋風行」の
「売れたってことでもないんだけど」
 と朗は口を濁して、


他に、星新一「どこかの事件」(?)。

言葉を濁す

この項は、「口を濁す」(黌門客20050604)に触発されて書いたものです。
posted by 岡島昭浩 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。