2005年08月29日

ふろおけ【風呂桶】

「風呂で使う桶」の意味。湯槽の意味で使われることに比べて頻度は少ないと思う。

例えば子育てが終わり、夫婦で風呂桶をオートバイのシートの下のトランクに入れ、気ままな温泉旅行を楽しむようなリターンライダー。(産経新聞大阪2005.8.26 14版 1面「待ったなし 人口減少時代 第6部 伸縮するマーケットに挑む」)

ヤマハ発動機販売のマーケティング担当者(50歳)の話。

『日本国語大辞典』には江戸時代の用例のみ。

玉木正之「祇園恋しや」『明治のべースボール 94年版べスト・エッセイ集』(「室内」五月号)
小さな風呂桶と手拭いを抱えた浴衣姿の舞妓が、襟足の後れ毛を気にしながら、コンコンと下駄の音を響かせて歩いていた。


ネット検索すると、通販で「風呂桶」の名で売られている。

足立巻一『やちまた』上 (新装版)p119
淋疾菌などが目にはいるとつぶれてしまうおそろしいもので、銭湯でよくかかるから風呂桶はよく洗ってから使うようになどと、おどされもした。
も、そうか。同書p296に
煙突目あてに銭湯をさがしだし、戸があくなりとびこんだ。そして、風呂桶をまくらにはじめてぐっすり寝こんだのである。
 からだを白くふやけさせて銭湯を出たとき、すっかり朝になっていた。

とあるのはどちらの意味か。からだがふやけているというのだから、浴槽で寝たのを「風呂桶をまくらに」と言っているようでもある。
posted by 岡島昭浩 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6339427
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。