2005年10月24日

なんばん【南蛮】

許六・去来『俳諧問答』岩波文庫P149
乙州が「青き南蠻」といへるハ何ぞや。南蛮といへる物しらず。黍の事か、唐がらしの事か。平話にハいふといへ共、文章ニつらねる時、一句南蛮と斗《バカリ》いへるものなし。惣躰ニて、唐がらしと成共、又ハ玉黍と成共、きこえ侍る句作ならバ、南蛮共下畧尤たるべし。
  青き中よりからき南蛮
などあらバ、唐がらしの句ともいふべし。此句、秋なるや、夏なるや、慥《タシカ》ならず。青唐がらしならバ、夏たるべし。黍にても、青きとせば夏ニ成べし。
posted by 岡島昭浩 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。