2005年04月01日

カテゴリー「類義語」

カテゴリー「類義語」は、古例にこだわらず、類義語の語感の違いに言及しているものをメモしたいと思います。
posted by 岡島昭浩 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 全体的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参加(投稿)なさりたい方へ。

コメントはすぐに付けられます。最初の記事を投稿したい場合の話です。

同じBlogに複数人で記事を投稿するためにはSeeSaa Blogのアカウントを取得していただく必要があります.メールアドレスとパスワードの設定だけで,無料で取得していただけます。その後、共有ブログ用のユーザーコードをお知らせ下さい。
なお、共有ブログに関する情報はこちらをご覧下さい。

もちろん、ここへ直接参加なさるのではなく、御自身のblogからこちらへトラックバックを送っていただいても有り難く存じます。トラックバック用の空見出しを作っております。

考えてみますと、空見出しは、トラックバックのみならず、コメントにも使えます。登録するのは躊躇する、と言う方は、空見出しへのコメントでお願いします。
posted by 岡島昭浩 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全体的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんのために用例を?

ことばについて考えるとき、用例が必要です。

その語はいつごろからあるのか、どのように使われてきたのか。それを示すのが用例です。

文章中で使われたものだけでなく、辞書・用語集などに採られたものも視野に入れたいと思います。作品名も。

意味だけでなく、語形も気になるところです。

また、古い語・古い意味かと思っていたものが、後々まで使われていたという用例も拾いたいと思います。
posted by 岡島昭浩 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 全体的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。